裁判員

初の裁判員裁判、東京地裁の判決要旨 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
やっぱり裁判員裁判は失敗だった – NOW HERE
元々量刑は検察と裁判官の心積もり次第の面がある。そういった揺らぎを排除するという意味では、情状酌量に代表される量刑の揺らぎをなくしたほうが分かりやすい。これは誰もが考えることだろうが、そうしてしまうと尊属殺法定刑違憲事件 – Wikipediaのような案件で困る。
裁判員という法律の素人が参加することのメリットはこの一件では特に見られないと思うが、特に冤罪が疑われる案件でどう影響するかは見てみたい。


1件のコメント

  1. 裁判員か。
    一度はやってみたいと思ってます。
    まずやってみる、それが重要なのです。
    自分的には(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください