正月で暇だったのか?

正月早々南京事件についてはてな界隈が盛り上がってた
最初は歴史の話だったんだが途中で政治闘争が始まってぐだぐだに。
まあ、否定論が尻すぼみになって消えていくのはいつもの光景で、ある意味面白くなったとは言えるんだが、宣伝としては相対化してうやむやにしたい(んだか結果的にそうなったんだかは知らない)人の方が一枚上手っぽい。これで肯定論もあやふやだ、などという印象になること自体を恐れる。
そういう意味では、この騒ぎは否定論者を利することになりそうで、一部の肯定論者の懸念が当たってしまったかもしれない。
なお、俺自身は南京事件はあったと思っていて、まぼろし派は冷笑の対象でしかなく、犠牲者数についてはわからない。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください