スイスのロビンソン風

20071113_0
猛獣私は今朝、妻の悲鳴で目を覚ました。驚いて隣に寝ている妻を見ると、なんということか、猛獣に襲われているではないか!
私は慌てて身を起こすと、その獣に一撃を食らわせた。獣が怯み、妻から離れたところでさらにもう一撃食らわせ、獣は逃走した。
幸いにも妻は目尻に小さな傷を負っただけで済んだが、下手をすれば失明しかねない攻撃だった。
写真はその猛獣である。
しつけ失敗してるなぁ。というか、女房のしつけ方が下手。俺には遊びで噛んでくることはあるけど、寝てる間に噛まれることないしな。
とはいえ、目の辺りを噛むのは本当に危険なので、何らかの対処が必要だな。去勢すれば落ち着くんじゃないかとも思うんだが。
去勢は木曜日の予定。


2件のコメント

  1. あ、去勢するのか。去勢直後は生気がなくなるので、ちゃんと見てないと変なもの口にしたりするよ。
    しばらくすれば落ち着くとか思うけど暴れなくなるのは確かかな。
    いきなりじいさんみたくなってしまったような記憶がある14年前の夏。

  2. 寝込みを襲われるのは一度あった。顔にざっくりと爪あと残された。でもそのおかげで憧れの子に一発で印象づけることができた。そんな14年前の冬。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください