護国寺に行く

いつも通り奥さんのお供で。なんでもチベットフェスティバルだそうで。
写真展と砂曼陀羅を見た。砂曼陀羅はその名の通り砂で描いた曼陀羅で完成までに数日かかるものらしい。この日は完成予定日で、俺が見たときは最外周を描いているところだった。蛇腹のような筋の入った筒に砂を入れ、別の棒で擦ることで振動を与えて少しずつ砂を落としていくのだ。よくできている。
この曼陀羅は儀式に使用した後、壊されて川に流すのだそうだ。もったいないが、万物流転的な思想に基づくものだそうで、思想と儀式が一貫しているのは外部から見ても心地よい。
それはそれとして、ダライ・ラマ師が亡命政権の長であることを始めて知った。これは恥ずかしい。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください