いぬビームさんのgreasemonkeyスクリプト

キミガタメ「ハ」さんのFirefox と Greasemonkey とアフィリエイト泥棒を読んで。
勘違いしてた。この問題はgreasemonkeyスクリプトを入れた人に被害が及ぶわけじゃなくて、サイト運営者のアフィリエイトIDを書き換えてしまうことで、本来サイト運営者に入るはずのアフィリエイトがいぬビームさんに入ってしまうことが問題なんだな。greasemonkeyスクリプトを入れている人は誰にアフェリエイトが入っていようが関係がないといえば関係がない。閲覧しているサイト運営者にアフィリエイトという形でフィードバックを行いたいという人にはもちろん問題となる。スクリプトを入れた人が文句を言うのであれば「ソースを確認しないお前が悪い」という言い方も不可能ではないが、サイト運営者が「アフィリエイトIDを書き換えるようなスクリプトを配布するな」といった場合、いぬビームさんは弁明できないと思う。
いぬビームさんは書き換えを行う意図はなかったようだが、書き換えを行わないためのチェックが甘すぎて、実際には書き換えを行ってしまっていたと。早期修正を望みます。
(追記 2006/05/03 04:04)
修正版が出た。ソース見れば分かるけど、URLに「-22/」が含まれているとAmazonsアフィリエイトIDが既に存在していると判定していたものを「-22」だけでIDが存在していると判定するようにしたそうで、これで国内のアフィリエイターは被害を受けることはなくなったかな。細かな検証はやっていないけど。
いぬビームさんの対応が早かったのが素晴らしい。
(追記終わり)


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください