FreshReader

ここ最近のWebの情報収集はRSSリーダに頼り切っている。何しろ、自分が読みたい記事を一纏めにしてくれるのだから、一度読み込んでしまえばそれ以上のトラフィックは発生しないし、クリックの手間もない。もちろんクリックの手間なんて大したことはないんだが。
RSSリーダを使ったことが無い人はまだまだ多くいるだろうが、一度使ってみて欲しい。これの便利さは使ってみないと分からない。そもそもRSSって何?と言う人はWikipediaを参照してみて欲しい…それでもよく分からないと思うが。
単純に言って、RSSリーダは自分専用のニュースサイトを持つようなものだ。しかもアンテナより精度が高く、可読性に優れる。Mixiに俺がここで書いた記事が載るのもRSSのおかげである。
さて、RSSリーダは便利であるが故に様々な形態とサービスがある。俺ははてなRSS、Bloglines、Firefoxのライブブックマーク、Sage、Beckyプライグインといろいろ使ってみたのだが、なかなかしっくり来るものがなかった。それはいろいろ乗り換えている点からも見えると思うのだが。
そこで発表されたのがサーバインストール型のRSSリーダーであるFreshReaderだった。
幸いにも俺はサーバ資源を持っていたので、早速入れてみたのだ。最初は俺のサーバでも動作するようだから試してみよう、程度の軽い気持ちだったのだが、使ってみて即座に移行を決意した。
サーバにインストールするタイプなのでどこでも使える。そして軽い。サービスとして提供されているRSSリーダは便利なのだが多くのユーザがいるためにとても重いことがある。FreshReaderは自分のサーバにインストールしているのだから異常な負荷がかかることもない。メーカの言い分をそのままの環境が構築できた。おかげで自宅でも出先でも会社でも、いつでも細かく情報をチェックできる。
ただし、これは商用ソフトなのでライセンス料がかかる。が、Blogを持つ個人であれば紹介記事を書くことでライセンスを貰えるというので、今この記事を書いているわけだ。このブロガーライセンス、人気度合いでは複数ユーザでの使用も可能になるらしいが…ま、うちのような場末ではそれはない。
ちょっと紹介に困るな。使わなきゃ便利さが分からないと思うから。
リアルで俺に会ったことがある人は、俺がネタをやたら収集していることは知っていると思うが、その収集方法は今、FreshReaderに任されている。
サーバを持っている人は30日間はお試しで使えるので一度使われてはいかがだろうか。インストールはとても簡単。少なくとも自宅サーバやレンタルサーバを使っている人なら苦労することはないだろう。俺は設置に15分程度しかかかっていない。
なお、勢いに任せてバージョンアップしたらライセンスがないので記事が読めなくなっている。大弱りである。とっととこの記事をエントリしてライセンス申請を行うとしよう。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください