はてな:最悪の読後感を味わわせてくれる小説を教えてください。

はてな:最悪の読後感を味わわせてくれる小説を教えてください。

こういう観点で本を選んだことはないな。一読ごと、あるいは一文ごとにいろいろ考え込む俺としては、こういう選び方をするだけで面白い本になってし まいそうだ。読後感が最悪というのは救いようがないからであって、何が不足して救いようがなくなっているのか考察するのは面白いものだ。

ちなみにここで挙げられた本の大半は素直に面白いものが多いのでお勧めできる。救いようがない話はあまり挙がっていないと思う。

しかし、質問の意図を解してない人多いな。リアル鬼ごっことか、そりゃ違うだろうと。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください