Let'snoteに望むこと

コンセプトの見えないモノは嫌いだ。だからひたすらに無駄を廃し、軽量化の追及という明確なコンセプトで進化してきたLet’snoteを俺は支持している。俺の初代Let’snoteはCF-A2。今はCF-W2Bを愛用している。[1. とまあ、決して長期のユーザというわけではないのだが…経済的理由には勝てないよね]
さて、メーカが「次のLet’snoteに望むこと」というタイトルでBlogへのトラックバックを募集している。
今のW2Bに不満点がないわけではない。

  1. キーピッチ
    基本的にキーピッチは正方形かそれに近い形をしているが、Let’snoteW2のキーは横長なのだ。これが結構タイプミスを誘発するので、出来れば正方形に近い形に改めてもらいたい。
  2. ポインティングデバイス
    タッチパッドは時としてカーソルが飛んだり意図しないクリックを発生させる[2. まあ設定しだいだが]のであまり好きではない。もともとLet’snoteにはトラックボールという素敵なデバイスが搭載されていたこともあるし、復活してくれればうれしい。
  3. 最重要項目:初志貫徹:コンセプトの踏襲
    これが実現されていなければ上の二つも意味がない。
    そんなことは開発された皆さんもご存知だとは思うが、ユーザとしても買うという行為だけでなく、口に出して「それは正しい」と言いたい。

俺が思わず散財したくなる新しいLet’snoteの誕生を願って。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください