オタク暴論

論じても無意味。糸冬。社会学的に分類することには意味があるだろうけど、Web上で見られるオタク論の大半はオタク自身の手によるモノで、自分の立ち位置を必死に模索しているだけだと思う。それはその人自身には大いに意義があるだろうけれども、それを読者として読んで頷くだけじゃ意味はないんじゃないのかなぁ。
そもそも分類とか時代分けという作業自体が、事象の整理のために便宜的に行っているだけであって、自分はこのタイプだ!などと納得して安心してしまうのでは占いと何ら変わりありませんよ、と。
やはりまとまりがないというか説得力に欠ける。誰か頭のいい人が的確に表現しているものはないかな…かな?


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください