広島

17日夜の「広島いかない?」「俺も行くことに決まってるの?」「決まってます」「じゃあ仕方ないな」という会話の結果18〜19はノリで広島に行ってきた。
そういうノリで行ったにもかかわらず、友人は平和記念資料館をじっくり見物して言葉を失っていた。俺も2年前に初見学したときはそうだったよ。
今自分が立っている場所がただの一撃で壊滅したという史実と周りの風景のギャップ。知識として知っていた被害範囲と、目で見る被害範囲の巨大な差。実地ではその諸々が一気に襲い掛かってくる。
帰りの新幹線で友人が言った「なんでまだ核兵器を持ってる国があるんだ?」という疑問に回答できなかったよ。あえて言うなら巨大な暴力を支配するための力だと信じている連中が多いということだろうか。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください