新潟

祖父宅が小千谷である。幸いにも祖父母、叔父一家あわせて6人全員無事であった。長岡寄りの地域であったことも幸いしたのだろう。
別の叔父が24日に現地入りし、祖父母を我が家に連れてきた。なにぶん高齢であるのでこちらにいる方が安全であろう。叔父一家は変わらず現地で過ごしているが、家にはいるのは危険と言うことで車庫に畳を持ち込んで生活しているそうである。
さて、そうして身内の安全が確保されてしまうと、気になるのは報道されている被災者の方々である。身内でないというだけで被災者の方々の現状に目をつぶってしまったという罪悪感がある。祖父母が我が家で安心して眠れる一方、避難所で風邪を引いてしまったというお年寄りの話を聞くと心が痛む。
こういうとき、マスコミ以上に現状を伝えることが可能なメディアとしてWebがある。まちBBSなどでは現状や、支援して欲しい物品などの情報が多々集まっている。とりまとめを行っているサイトがあるのでこちらを見て頂ければわかりやすいのではないだろうか。もし可能であればこれらの情報に基づいて支援してあげて欲しい。
俺自身は、義援金以外に祖父宅を拠点として周辺の方々のお手伝いに行く予定でいる。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください