どうにも

さぼり癖がついてしまった。実に3週間ぶりの記入になるのか。相変わらずだめだめということだけは変わっていませんです。
記入していない間にもOffice氏が起訴されたり、マリみての録画を3回連続で失敗していたり[1. これが理由で落ち込んでいて日記を書く余裕がなかった…いや、嘘だけど]、松本に死刑判決が出たりとか興味をそそられる出来事も多々あったわけですが、閲覧者の多寡に関わらず、われわれ小市民が出来事を語ることにどんな意味があるのかと[2. いや、これ本気で悩んでいるのですよ]多くのサイトで交わされている議論を厭世的にな気分で眺めつつ結局のところROで遊び呆けていたいつみです、こんばんわ。
数多くのサイトで様々な事象について実に多くの方が意見を述べているわけですが、これって本当に建設的なのでしょうかねぇ…。WWW上のコミュニティにおいて多少のコンセンサスを得られるだけで実社会にはなんら影響を与えていない気さえするのですよ。いわば多少規模が大きくなった井戸端会議。無論WWW上で意見を述べるわけですから文責などは気にかけていらっしゃる方の方が多いのでしょうが、意見を述べるだけでは何も変わらないですし、仮にOffice氏の起訴なり、旧称オウム真理教の松本に対する判決に異議を唱えてみたところで感想以上のものにはなりえないのは明らかでしょう。[3. 無論そこから関係省庁や企業に対する抗議活動に移っていく人も居られるとは思いますが、それは既にWWW上の活動ではありませんよね]
人気のあるBlog、日記、掲示板、あるいはMLでの意見交換を見ていて、他人の意見と同一の見解を持っていることを確認して安堵するためだけに意見を述べていないか、ふと疑問に思ったので書いてみました。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください