CGIの欠陥突き情報引き出した京大研究員逮捕 警視庁(朝日新聞記事)

CGIの欠陥突き情報引き出した京大研究員逮捕 警視庁(朝日新聞記事)

再掲 => | 羊堂本舗ちょき ネットの脆弱さに警鐘 | 本サイト内記事 => | 2004/01/05 | 2004/01/06

警察はこの件が不正アクセスに該当すると判断した、ということですか。法的にどうなのかは司法の判断を待つとしましょう。だが、これは不正アクセス 禁止法で立件出来るのだろうか?どうにも納得出来ないのだが、判例を待つしかないと思うので不正アクセスか否かは俺は論じない。

しかしながら、これが不正アクセスとなるのであれば、

経済産業省は情報処理推進機構(IPA)に委託し、ぜい弱性対策の研究を始めた。ぜい弱性を発見したらどこに届け 出て、不正アクセス禁止法に抵触せず、ぜい弱性の指摘をするにはどうしたよいのかなどについての基準作りを行うものだ。

この動きも無駄になってしまうのではないだろうか。Office氏の行ったような操作を行わなければ脆弱性の確認は出来ないのだから。

鶏と卵の関係?だんだん混乱してきた。

2004/02/06 16:10追記

ITmediaのこの記事が俺の望む方向の意見なので特に挙げておこう。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください