プライバシーノート

こちらも良くまとまっているかと。固定IDの修正シンプル・シナリオも既に取り込まれている。仮定を端的にまとめてあり、俺としてはこちらの方が わかりやすい。

そもそも。固有IDのシンプル・シナリオは厳密な技術解釈など一切行っていないと思う。固有IDを使う場合の問題点をフ レームワークとして提示してあるだけだ。[1. そしてそれは当初から明示してある。ドキュメントの「この文書について」から「このページの構成」までを参照]

具体論は如何に実装するかが問題であって、拙ければプライバシーの侵害になるし、乱数を鍵としてハッシュ関数を使うなどの手法を使うことによってそ うならないこともある。

これに関してはSlashdotに真っ当な見解が載っていた。[2. ちなみにこのトピック、2ちゃんねるの某スレッドでは「厨房しか居ない」と酷評されていた。禿同]

俺もこの見解に同意する。仮定まで導入すれば申し分ないフレームワークだろう。[3. 理解出来ていない人も多いようだが。これ以上は泥沼になりそうなのでヲチモードに移行]


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください